Atelier and Home

自宅兼アトリエ 

キッチンサイドのタイル

リビングからキッチンをみる

Concept 

 築42年木造モルタル2階建てのリノベーション。自宅兼アトリエである。
リフォームの利点を生かして、既存モルタル外壁面で気密→断熱→透湿防水層を構成し、屋根も既存板金の上に同じ構成で、壁と繋げて建物をグルッと包み込んだ。
 この建物には7つの階層を設けた。半地下LVにアトリエ。LDKが土間LV1FL、セカンドリビングLV2FLMBR LVLOFT LV。自宅兼仕事場という性格上、打合せ等来客が少なくないので、土足エリアを設定してパブリックスペースとし、層が上がるにつれプライベートになる。
 既存の柱梁と新しい構造材の違いが見えるのも「ならでは」と捉えて覆ったり隠したり、見た目を近づけたりしない。あえて新築のように見せないのが、リフォームすることの意義だと考えた。築後40以上存在し続けた価値を認めてあげること、その建物を愛してあげることは今流行のエコにつながると思っている。
 
 タイルについては、前述の古臭い雰囲気に洒落たアクセントを付加することで、自分たちの価値を付け足す行為である。キッチンのサイドウォールは、主出入口から入った時のアクセントとして絶好のポイントであり、麦のような、葉っぱのような有機的なデザインが建物全体の素朴なイメージにマッチする。 

DATA

所在地   北海道札幌市
構造規模  木造在来、地上2階建て